現代に伝わる日本古来の知恵を活かす。

舞心

English>

舞心とは

画像の説明

横笛奏者、陰陽師、サウンドクリエイター、ダンサーで構成され、
祝詞と笛と舞のパフォーマンス『舞心LIVE』や、
眠りながら参加していただく『夢LIVE』を行い、
音楽アルバムの制作をしています。(2013年1月23日発売・iTunes Storeからダウンロードできます。)

舞心→Facebookページ

即興で…自然と舞う…願ひ舞(ねがいまい)ダンサー坊内由香→WEBページFacebookページ

響き合うこころとからだ『舞心塾』ワークショップ→詳細はルビー産業様サイトにて

『舞心塾』ワークショップとは

舞心の音楽を使った、心と体の舞ワークショップを開催しています。(大阪・北九州・津・東京)

講師が提案するテーマやメソッドを通して、感じるままにあなたの心の舞を表現する、ココロとカラダのためのワークショップ形式のダンス教室です。
踊りたい方はもちろん、
自分と向き合う時間をもちたい方、
自分という存在を大切にしたい方、
自己表現したい方、
人前に立つ方にオススメ。

詳しくはこちらをご覧下さい。

お申し込みフォーム

1st Album【音魂・言霊】発売

2013/1/23 on sale
¥2,625

舞心 -maishin-
【音魂・言霊 OTODAMA・KOTODAMA】 53:36
祝詞:尾畑雁多 龍笛:Khorey Deguchi

1. 十言の神呪 Tokoto-no-kajiri ; prayer for gods in 10 syllables 02:35
2. 幽魂安鎮秘詞 Yukon-anchin-hiji ; Requiem 04:46
3. 太祝詞 Futo-norito ; the great prayer 02:59
4. 天晴 Amahare ; Glory 03:44
5. 招神の祭文 Kamuoki-no-saimon ; a prayer to invite Spirit 01:29
6. 神送の祭文 Kamiokuri-no-saimon ; a prayer to send off Spirit 07:48
7. 眠りのための禊祓い Misogi-harai ; purification for sleeping 08:33
8. 夢見のための禊祓い Misogi-harai ; purification for dreaming 10:59
9. 目覚めのための禊祓い Misogi-harai ;purification for awakening 10:36

古の人に『舞い立ち昇る龍の鳴き声』と例えられた龍笛の音色。
播磨陰陽師が唱える祝詞の刻々と変化する声の波動と響き合わせた。
音楽となった。
二人の舞人が舞いながら鈴を鳴らした。
奈良の山麓や熊野の海へ出向いて、せせらぎ、虫の声、鳥の歌、波の音……を収録。
これらの音を通奏することで音楽はアンサンブルとなった。
小さな音でも大音響でも良い。あなたが心地良いと感じる音量なら。
嬉しいとき、悲しいとき、心を落ち着かせたいとき、心を奮い立たせたいとき、
眠りながら、お茶を飲みながら。
あなたの生活の中の様々な状況・空間でこの音楽を楽しんでいただければ幸いです。

出口煌玲

こちらで購入いただけます。

■直接購入

 舞心塾や、ライブ、講座などでも販売しています。みんなのサインを集めてね。

■iTunes store

 こちらで視聴もでき、一曲からダウンロード可能です。

■楽天

 クリックすると別ウインドウで開きます。

■Amazon

祝詞(のりと)

 美しい言葉は神へのごちそう。
 美しい響きは天へと届く。
 美しい笛の音、自然の音と言葉の響きをお届けしましょう。

コトダマノサキハフクニ
「言霊の幸う国( 言葉の霊のはたらきによって幸福がもたらされる )」
と、語り継がれた日本では
美しい一音一音によって、音楽が紡がれるように……
コンピューターの、プログラムのように……
神の名である一音一音が紡がれて、また神の名となり、言葉、会話となっています。

祝詞
自然の音と互いに反応しながら、ひとつのリズムを奏でる祈りの世界。
自然が神である日本のチャント(chant)とも呼ばれ
神と対話する太古の音楽のひとつです。

舞心の祝詞の世界
播磨陰陽道という古い伝承のものであり、新しく作られたものや、一般に知られるものとは異なる点がございます。

このアルバムの音楽を流すこと、聞くこと、共に唱えること、共に舞うことは
場を浄化し、心地よく、心を強く清らかにし、魂の浄化へ誘うことでしょう。
この上もなく幸福な世界が、あなたへ届きますように。

メンバー紹介

出口煌玲(Khorey Deguchi) 横笛奏者 関連ページ
幼少より奈良春日・南都楽所にて古典雅楽を学び、各地で演奏。
由緒ある伝統的な日本の音楽の奏者でありながら、jazz や前衛音楽のジャンルでも活躍。
「こんな綺麗な音はじめて!」「龍笛でこんな演奏ができるなんて!」「旅をしたような景色を感じる。」と感動を与えながら、伝統奏法に留まる事無く、龍笛の豊かな音色を極限まで活かした演奏法を開発し続けている。
様々なユニットを主宰し、ソリストや音楽監督としてもヨーロッパやアジア各国で、世界の伝統音楽・現代音楽・演劇・舞踏といった多分野で国境を超えたコラボレーションや創作活動を行っている。


尾畑雁多(Karindo Obata) 播磨陰陽師・播磨古伝研究家(祝詞) 関連ページ
赤穂浪士の子孫であり、歴史的謎の集団・播磨陰陽師の末裔。
夢操り・夢伝え等の、夢の世界に関する伝承と、その世界から現実に影響を与え変更すると伝わるノウハウを有する。
最先端の技術や知恵を取り入れて発展する陰陽師の伝統に則し、一子相伝で伝承したノウハウをゲームの世界に持ち込み、『怒IKARI』のヒット等、ゲーム業界の隆盛を仕掛けたことでも知る人ぞ知る人物。
マキノ出版発行の雑誌『壮快』で特集され、付録CD に祝詞を収録。好評の為、次々とDVD や続編のCD を付録発行。出版社でのセミナーを開催した際には担当者が困惑するほど申し込みが殺到。強運になる「陰陽師の言霊」 CD&DVD としてムック本化。 ミュージシャンや音楽家にも愛好家が多く今回のユニットや録音が実現した。


坊内由香(Yuka Bouuchi) 願ひ舞  関連Facebookページ
幼少より身体に染み付いた日本のリズムと動きを土台に、神社・寺・街頭・山中など、様々な場にて舞う。
「願ひ舞(ねがいまい)」と名づいた、存在で語る表現は、なまめかしくあでやか、かつ滑稽な味があると評判。
失ってはならない日本の古き良きものを、新しい時代に蘇らせる事をテーマに、他ジャンルとのコラボレーションを試みて、アートセレモニーや街づくりに招聘されている。


牧桃子(Momoko Maki) 祈りの舞・ルビー産業(株)代表取締役 関連ページ
中学より演劇をはじめ、近畿大学文芸学部芸術学科演劇・芸能専攻を卒業後、ダンスの道を歩み出す。
“浄化”こそ、この世に一番必要なことだと考え、“祈りの舞”という独自のスタイルで愛と平和を希求して、祈り、舞い、観客に安らぎや希望、勇気…と言った光を伴う感動を抱いてもらうことが使命と舞っている。
時には天女のように軽やかに、時には仏様のように重厚に‥‥‥周囲の空気を瞬時に変えて観客を魅了すると好評。
モットーは「最小限のエネルギーで最大限のパワーを!」


井澤剛(Takeshi Izawa) サウンドデザイン 関連facebookページ
幼少より父親の仕事の都合上、地方を転々とする。12 歳の時「The Beatles」を知り、音楽やRecording に興味を持つ。
1990 年よりLive recording(SCI) やRecording Studio(SEDIC STUDIO)、衛星デジタル音楽放送(St,GIGA)等で下積み時代を過ごす。
1996 年、古典バリ音楽のジュゴクを習いに、単身インドネシア・バリ島へ。
1997 年、日本に戻り、奈良の平城京後に心引かれ奈良に移住。関西にてRecording、LIVE PA 等のEngineer 活動。
2007 年奈良県生駒市に「長い間聴いてもらえる音造り」をテーマにRecording Studio”Naturalwave”を設立。

イベント履歴

2013/0123 1st Album 音魂・言霊 OTODAMA・KOTODAMA 発売
2013/01/26 舞心ライブとお話 & 新年会

 Facebookページ

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional